【体幹トレーニング】DVD

傾聴カウンセリング・傾聴セラピー 

傾聴とは、目で耳で心で聴くことです。傾聴をご紹介します。

サイトマップ

看護師の基本的態度

「自分はどのような態度で患者と接しているのだろうか」、と看護師が自分の態度を振り返るのに、平野馨がポーターを引用して示している5つの態度類型が参考になる。


@評価的(evaluative)態度

聞き手がクライアントの考えや行動の善悪、良否、適切さなどを判断して、クライアントの選ぶべき方法などを示す。

A解釈的(interpretive)態度

クライアントの言葉を手がかりに、言葉の背後にある特別な意味や鬱積された感情を伝える。

B支持的(supportive)態度

積極的に働きかける。

たとえば、クライアントが抱えているつらさや負担を受け止め、深刻な感情が和らぐように励ましたりする。

支えてあげることで、当面の事態を回復できるように力づける。

C調査・診断的(probing)態度

できるだけたくさんの情報や資料を求めて質問をし、様々な事態を明らかにすると同時に、それらを総合して問題の中心をはっきりとさせる。

物事の因果関係をはっきりさせることによって、より合理的で正しい方法を見つけ出そうとする。

D理解的(understanding)態度

クライアントの言葉や気持ちに共感し、ありのままを深く理解しようとする。

看護師は、自分がどの態度なのかという自分の傾向を知っておくことが必要とされる。

案外、自分自身のことはわからなかったりする。

重要なのは、記録・プロセスコード・カンファレンス・スーパービジョン・患者や家族の言葉から自分の偏見や価値観を知り、自分の態度に気づき、そして自分の価値観や考えを患者や家族に押し付けないようにすることである。

また、自分自身の解釈の傾向や、苦手な患者のタイプなど、自らの傾向を知ることによって、治療的な自己活用を行うことが可能となる。

傾聴とは
積極的傾聴
考えをつなぎ合わせる
空間をつくる
カールロジャース
ロザリンダ・アルファロ
実践への応用
技術としての傾聴と態度としての傾聴
看護師の基本的態度
聴くことで何が患者に伝わるか
傾聴の障害
感情に焦点を当てる関わり
話を聴き続ける
カウンセリングとは
カウンセリングの段階
米国でのCNS教育
日本でのCNS教育
対象:家族・地域・対人専門職
対象:集団
看護カウンセリングが対応するのは
看護カウンセリングの効果
看護カウンセリングの進め方
看護カウンセリングの基本技術
メンタルヘルスのアセスメント
様々な心の状態
事例検討
ロールプレイング
ロールプレイングの構成要素
効果的なコミュニケーション技術
ロールプレイングを行ってみて
心に止めておきたいこと
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
借入 低金利











傾聴カウンセリング・傾聴セラピー All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。