【体幹トレーニング】DVD

傾聴カウンセリング・傾聴セラピー 

傾聴とは、目で耳で心で聴くことです。傾聴をご紹介します。

サイトマップ

技術としての傾聴|技術としての傾聴と態度としての傾聴

技術とは、それを用いる目的があり、具体的な方法で訓練すれば誰もが身に付けることができるものである。



傾聴は訓練が必要とされる。

傾聴は技術的な相互コミュニケーションであり、看護師が患者の感情や言葉を理解し、その理解した内容を表現して伝達する技術である。

患者からの理解し難いメッセージを明らかにすること、患者の感情や話した内容をまとめて提示すること、患者の言葉以外の表現から理解したことを言葉にして試しに聞いてみること、これらが傾聴の技術なのである。

傾聴により、患者は自分の言語的・非言語的メッセージや気持ちや思いを明確にし、自分に対する理解を深め、理解されているという経験ができるのである。

傾聴は以下の3つの技術からなるとされている。

@患者からの言語的・非言語的メッセージを理解する技術

A患者の表現を助け、患者がより明確にメッセージを伝えることができるように支援する技術

B患者の言語的・非言語的メッセージから読み取ったことを伝達する技術である。

そのためには、何よりもまず集中して患者の話を聴き、ときには問いかけをしながら、看護師が患者の体験をまるで自分自身のことのようにイメージできる能力が必要ある。

そして非言語的メッセージに対して敏感になり、それを受け取るのである。

傾聴とは
積極的傾聴
考えをつなぎ合わせる
空間をつくる
カールロジャース
ロザリンダ・アルファロ
実践への応用
技術としての傾聴と態度としての傾聴
技術としての傾聴
訓練としての傾聴
態度としての傾聴
看護師の基本的態度
聴くことで何が患者に伝わるか
傾聴の障害
感情に焦点を当てる関わり
話を聴き続ける
カウンセリングとは
カウンセリングの段階
米国でのCNS教育
日本でのCNS教育
対象:家族・地域・対人専門職
対象:集団
看護カウンセリングが対応するのは
看護カウンセリングの効果
看護カウンセリングの進め方
看護カウンセリングの基本技術
メンタルヘルスのアセスメント
様々な心の状態
事例検討
ロールプレイング
ロールプレイングの構成要素
効果的なコミュニケーション技術
ロールプレイングを行ってみて
心に止めておきたいこと
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
一般財形 金利



傾聴カウンセリング・傾聴セラピー All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。