【体幹トレーニング】DVD

傾聴カウンセリング・傾聴セラピー 

傾聴とは、目で耳で心で聴くことです。傾聴をご紹介します。

サイトマップ

ロザリンダ・アルファロ

「相手を理解するには、相手の世界観や考えの中に入り込もうとする気持ちをもって、すなわち共感的に耳を傾けることが前提となる」とアルファロは述べている。



「自分自身の世界観を脇において、相手の苦しみ、挫折や願望を自分と重ね合わせて、相手の見方を理解することが、共感的傾聴には必要である」と付け加え、さらに共感的傾聴の5つのステップを掲げている。

@自分の主観を排除して相手の状況を理解する

A相手の感情によく耳を傾け、相手がどう状況をとらえているかを理解するようにする。

聴いた内容についてだけ考えるようにし、自分がどのように反応するかは考えないようにする。

B傾聴した内容を思い返し、そのとき感じたことを言葉にして、相手に確かめてみる。

次に距離をおいて、自分がよりどころにする枠組みへ戻る。

C正確に相手のメッセージや内容、感情を理解したと思えるまで、きちんと把握できているかどうかという確認の作業を繰り返す。

D再び距離をおいて、自分がよりどころとする枠組みへ戻る。

傾聴とは
積極的傾聴
考えをつなぎ合わせる
空間をつくる
カールロジャース
ロザリンダ・アルファロ
実践への応用
技術としての傾聴と態度としての傾聴
看護師の基本的態度
聴くことで何が患者に伝わるか
傾聴の障害
感情に焦点を当てる関わり
話を聴き続ける
カウンセリングとは
カウンセリングの段階
米国でのCNS教育
日本でのCNS教育
対象:家族・地域・対人専門職
対象:集団
看護カウンセリングが対応するのは
看護カウンセリングの効果
看護カウンセリングの進め方
看護カウンセリングの基本技術
メンタルヘルスのアセスメント
様々な心の状態
事例検討
ロールプレイング
ロールプレイングの構成要素
効果的なコミュニケーション技術
ロールプレイングを行ってみて
心に止めておきたいこと
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
銀行 利率



傾聴カウンセリング・傾聴セラピー All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。