【体幹トレーニング】DVD

傾聴カウンセリング・傾聴セラピー 

傾聴とは、目で耳で心で聴くことです。傾聴をご紹介します。

サイトマップ

看護カウンセリングが対応するのは

健康障害が及ぼす反応や影響によって、あるいは身体的に具合が悪くなったときに、ある種の心の問題が起きてくる。



それに伴う問題や心配事に主に対応していくのが、看護カウンセリングである。

例えば、心臓の病気にかかったあるいは治療を受けることになったなどが原因で、何か心の中で起こってきたことに対応する。

看護カウンセリングでは、精神疾患をカウンセリングだけで治そうとするのではなく、専門家に依頼することもしている。

精神疾患の患者が、精神科医の治療を受けつつ、看護カウンセリングも受けるのはよくあることである。

精神疾患は看護カウンセリングだけでは治すことはできず、病状を遅延させないためには、できるだけ早く専門家に依頼しなければならない。

できない領域に手を出すのは、やはり失敗に繋がっていくので、看護カウンセリングでは、精神疾患があるかどうかを判断する力が必要とされる。

まず先に身体的な病気がないかどうか調べ、もしあれば、必ず身体的チェックをしてもらう。

最初から心の問題だと決めつけて、もし身体的に何か異常があったとすると重大なことになる。

なので、まず身体的な疾患がないかどうかを調べ、ありそうだと判断したら、必ず身体的なチェックをしてもらうようにする。

そして次に、精神疾患がないかどうか調べ、あると判断されたときは、精神科医に依頼をするのである。

一般的に、最初の診察で精神疾患が疑われる人は、ほとんどの場合家族と一緒に来ている。

最初の診察で2つのチェックをし、仮に精神疾患の疑いがあったとして、精神科医に行くように説明をすると、ほとんどの人が行く。

「今の症状は精神的な病気の可能性があるから、まず専門医に診てもらいたい」と説明すると、ほとんどの人が行くのである。

時代は変わったものだ。

10年ほど前は行ってくれず、かなり大変であった。

何回もいろいろ説明をして、やっと気持ちを変えてもらえる。それでも本人より「我が家からそういう子が出るはずがない。精神科では困る。神経科ならいい」といったような親の抵抗が強かった。

しかし今はずいぶん変わり、「はい、診てもらいます」と二つ返事をする人もいる。

情報が豊かになったおかげで、精神科への抵抗がなくなってきている。

また、周りにけっこう精神科を受診している人がいるということもある。

これまでは、精神科を受診すると人生終わったというイメージがあったが、今はそうではない。

それは、精神病院にも問題があったと思われる。

閉ざされていて、入院したら出さない・出られないという時代があったのだ。

今の精神病院はかなり違っている。

ちょうどここ何年間か、精神病院の改築がどんどん行われている。

精神病院は、建てると儲かると言われた昭和40年頃にどんどん増えた。

その当時の病院が古くなり、建て替えが必要な時代となり、とてもきれいになったのだ。

それまでは、精神病院は汚い・暗いというイメージであったが、今はきれいな病院がたくさん出てきた。

ホテルのロビーよりもきれいな外来の病院がいくつもある。

このように変わったことで、病院に行きやすくなったのである。

ここで建て替えできない病院は、患者が減り、つぶれるであろう。

ここで精神病院が一度建築的にも淘汰されることになる。

そういうこともあり、精神科の門戸も広がり、建物的にも行きやすくなった。

社会の意識も変わってきている。

労健施設に入っている人が精神病院に通っていることも結構多く、施設の職員も患者を連れていくという意味で、足を運ぶようになった。

傾聴とは
積極的傾聴
考えをつなぎ合わせる
空間をつくる
カールロジャース
ロザリンダ・アルファロ
実践への応用
技術としての傾聴と態度としての傾聴
看護師の基本的態度
聴くことで何が患者に伝わるか
傾聴の障害
感情に焦点を当てる関わり
話を聴き続ける
カウンセリングとは
カウンセリングの段階
米国でのCNS教育
日本でのCNS教育
対象:家族・地域・対人専門職
対象:集団
看護カウンセリングが対応するのは
看護カウンセリングの効果
看護カウンセリングの進め方
看護カウンセリングの基本技術
メンタルヘルスのアセスメント
様々な心の状態
事例検討
ロールプレイング
ロールプレイングの構成要素
効果的なコミュニケーション技術
ロールプレイングを行ってみて
心に止めておきたいこと
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
定期貯金 金利
































































傾聴カウンセリング・傾聴セラピー All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。