【体幹トレーニング】DVD

傾聴カウンセリング・傾聴セラピー 

傾聴とは、目で耳で心で聴くことです。傾聴をご紹介します。

サイトマップ

話を聴き続ける

傾聴の概観と理論的背景、実践への応用を様々な面から検討した。



結論的には、患者に関心を持つことが傾聴の基本になっているのである。

そして傾聴とは、患者の感情や考えを受け入れることであり、耳を傾けて真剣に注意して聴くことである。

そのために必要とされるのは、どんな言葉を患者が言ったかを聴く力、そのときの非言語的メッセージが何かを感じ取る力、そして患者がどういう意味でその言葉を使ったのか、実は患者の話には別の意味があったのではないかということを読み取る力である。

傾聴により、看護師には患者が認知している世界が生き生きと見え、そのことによって患者をより深く理解できるようになり、患者がまさに求めている援助ができるようになるのでる。

このように看護師が関わっていくことにより生まれる「話を聴き続けていくこと」は、「患者とともに生きていくこと」と言い換えることができるだろう。

傾聴とは
積極的傾聴
考えをつなぎ合わせる
空間をつくる
カールロジャース
ロザリンダ・アルファロ
実践への応用
技術としての傾聴と態度としての傾聴
看護師の基本的態度
聴くことで何が患者に伝わるか
傾聴の障害
感情に焦点を当てる関わり
話を聴き続ける
カウンセリングとは
カウンセリングの段階
米国でのCNS教育
日本でのCNS教育
対象:家族・地域・対人専門職
対象:集団
看護カウンセリングが対応するのは
看護カウンセリングの効果
看護カウンセリングの進め方
看護カウンセリングの基本技術
メンタルヘルスのアセスメント
様々な心の状態
事例検討
ロールプレイング
ロールプレイングの構成要素
効果的なコミュニケーション技術
ロールプレイングを行ってみて
心に止めておきたいこと
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
定期預金 金利






傾聴カウンセリング・傾聴セラピー All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。